生活習慣病 青坂一寛 高血圧改善5ミニッツ

高血圧などの生活習慣病の根っこは同じ

生活習慣病として高血圧が続いていませんか?
このような人は高い確率t糖尿病など別の生活習慣病を持つていることも少なくないと思います。

 

生活習慣病

 

高血圧になる原因には、高血糖を薄めるようにするために血中の水分量を増やすことで血圧が高くなったり、もしくは腎機能の低下によって塩分(ナトリウム)を排出を出来なくなってしまうなど、様々な理由が考えれます。

 

 

ですが、それはあくまで二次的なことで、やはり運動不足が原因だと考えたほうがいいかと思います。

 

 

立ち上がって体を動かすだけで、どんな運動でも、またどのような強度であっても、死亡リスクを最大で35%減少することができるという研究を、米国のコロンビア大学が発表しています。

研究の対象となったのは、地域住民を対象に心臓病や脳卒中の危険因子を調べる目的で行っているコホート試験「REGARDS研究」に2009〜2013年に参加した45歳以上の男女7,999人。
引用元:糖尿病ネットワーク「運動が糖尿病による死亡リスクを低下 座ったままの時間を減らして運動を」

 

 

コロンビア大学の研究結果が示す通り、適度に体を動かしてさえいれば、糖はエネルギーとして使われるので高血糖にはなりにくく、それだけ死亡リスクも減るわけですね。
血流も良くなるので腎機能も活発に働くようになり、高血圧になることもなくなってくるでしょう。

 

 

生活習慣病の薬にしても、高血圧と糖尿病の両方に処方されるACE阻害薬のように、複数に効くものも多くありますから、生活習慣病の元となるのは同じだということが分かるのではないでしょうか。

 

 

ですから、生活習慣を変えないことには、いったん降圧剤で血圧を下げることができたとしても、また血圧が上がったり、別の病気になってしまったりと、薬の量が増え続けるだけになってしまうことにもなりかねません。

 

 

例えば、資格試験を毎年受けているにも関わらず、凝りもせずに同じ勉強し続けるようなもので、ずっと同じことをやっていれば結果も変わらないのは当たり前です。

 

 

だからこそ、これまで薬があれば大丈夫だと思っていた人は、この青坂一寛先生の高血圧改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」高血圧改善プログラムで紹介してある整体やツボ押しなどを試して頂きたいのです。

 

 

この方法は、効率よく血糖値を下げるために考案されたものですが、高血圧や糖尿病など生活習慣病を予防したり、改善することにもなるからです。

 

「青坂式」高血圧改善プログラムの詳細を見てみる