腎臓 関係 青坂一寛 高血圧改善5ミニッツ 効果 口コミ

高血圧と腎臓の関係

高血圧は、腎臓の機能を高めることが大切になると思います。
何故なら、高血圧と腎臓には相互関係があるからです。

 

腎臓

 

高血圧が続くと、血管が硬くもろくなる動脈硬化が進みますが、腎臓の血管でも同じことが起こり、それによって血管の通り道の内径が狭くなり、腎臓へ流れる血液量も減ってしまいます。

 

 

そうなれば、腎臓そのものが硬くなって機能が低下する腎硬化症を招いてしまいます。実際に高血圧の患者さんのおよそ3割が、腎硬化症を合併しているという報告もありますからね。
(参考:東京女子医科大学病院腎臓病総合医療センター「腎硬化症(高血圧、動脈硬化と腎障害」

 

 

また、腎機能が低下すると、体内の余分な塩分(ナトリウム)を尿から排出する働きも低下し、体内の塩分のコントロールが上手くできなくなります。

 

 

体内の水分量は塩分量によって左右されますから多くの水分をため込むことになって、むくみが生じてきます。
体内の水分量が増えると血液量も増えてきますから、血圧が上がり高血圧を招いてしまうことになります。

 

 

更に、腎炎などの腎臓病があると、血液をろ過する糸球体の機能も低下します。
そうなると高い圧力をかけて何とか血液をろ過しようとして体が働くようになり、高血圧になってしまうんですね。

 

 

このように、一方が悪くなるともう一方も悪化してしまうという相互関係にあるので、腎臓の機能を高めることが、しいては高血圧の改善に繋がると言えるではないかと思います。('ω')ノ