整体 効果 青坂一寛 高血圧改善5ミニッツ

高血圧は整体で効果はあるの?

高血圧は整体で効果はあるのか?半信半疑に思っている人も多いと思います。
整体というと多くの人は骨をボキボキと鳴らすような、いわゆる骨格矯正を想いうかべるのかな・・・。

 

整体

 

肩こりや腰痛などがあるようなら、整体を受けるというのも分かるでしょうが、血圧を下げるとなると、そうしたイメージも浮かびにくですからね。

 

 

ですが、青坂先生の整体は硬くこわばった筋肉を緩めることで、全身のバランスを整え、体の不調や痛みを取りさる療法です。
筋肉のこりや緊張状態が続いて、全身の筋肉のバランスが崩れると、血液やリンパの流れが悪くなり、内臓や自律神経などの働きにも悪影響を及ぼすようになりますからね。

 

 

そして、高血圧は加齢や生活習慣、ストレスなどの様々な要因で、血管の柔軟性や弾力性が失われたり、血管壁が厚くなったりして血管の内径が狭くなる動脈硬化が起こります。

 

 

進行すれば、血液が流れにくくなるので、心臓はより圧力をかけて全身に血液を送ろうとします。逆に言えば全身の血流が良くなればその必要はなくなるので。おのずと血圧は下がります。

 

 

なので、この青坂一寛の高血圧改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」高血圧改善プログラムでは、まずは血流を改善し、全身の血の巡りを良くするために、第二の心臓とも言われるふくらはぎを揉みほぐしたり、さらには足首をぐるぐる回してアプローチしていきます。

 

 

下半身ではふくらはぎが筋肉のポンプのような働きをし、静脈の血液を上に戻るのを助けていますからね。
その為、ふくらはぎの筋肉を柔らかくほぐしておくと全身の筋肉をほぐすうえでも、全身の血流を良くするうえでもたいへん効果的みたいです。

 

 

また、人体には一つの部位で、内臓や筋肉に働きかけることが出来る万能な場所があって、その代表的なのが足裏やふくらはぎなどです。
私たちの左右の足の裏には、全身の臓器や器官に対応する反射区があります。

 

 

ある臓器に不調が生じると、そこに対応する反射区にも痛みやこりなどの異変が生じるみたいです。
反射区やツボ押したり揉んだりして刺激することで、そこに対応する臓器の血流や機能が活性化して健康な状態に導いてくれるんですね。

 

 

特に高血圧の改善に効果があるのは、足の親指裏の中央にある脳下垂体の反射区で、ここは専門家の間では血圧調整点と呼ばれているようです。
それに加えて、脾臓、腎臓、輸尿管、膀胱の反射区です。

 

 

脾臓の働きは、血圧と直接関係ないみたいですが、血液成分の赤血球や血小板を貯蔵する働きがあるんです。
なので、血液をろ過して異物を取り除いて血液をさらさらと流れやすい状態に保つためのポイントらしいです。

 

 

また、腎臓、輸尿管、膀胱は、尿を作り、それを体外に排出する器官になります。
両足の裏にある反射区を刺激する足裏ほぐしによって体から血液中に出てきた老廃物を速やかに尿として排出するために、どの反射区を刺激するうえでも大事みたいですよ。

 

 

これに加えて、腎臓の反射区を刺激して機能を活性化することは、高血圧を改善するうえでもとても重要になります。
というのも血液をろ過して尿を作り出すのはもちろんなんですけど、血液中の余分なナトリウムを排出して、血圧を調整する働きがあるからです。

 

 

反射区を押したりして刺激を与えて腎臓の働きが高まれば、血圧のコントロールを助けてくれるようになりますからね。
長年、高血圧に悩んできた人や、降圧剤を使ってもなかなか血圧が下がらなかった人たちの血圧が安定し、とても好評を得ているみたいですよ。

 

 

何より、お金もかかりませんし、自分で手軽に出来るのがありがいですね。('ω')ノ

 

 

「青坂式」高血圧改善プログラムの詳細を見てみる